アンケート結果

Uber Eats(ウーバーイーツ)で上手に稼ぐコツ〜100人にアンケートをとりました!〜

ウーバーイーツで稼ぐコツまとめ
この記事の内容
  • 配達パートナー100人に聞いたUber Eatsで上手に稼ぐコツ

Uber Eatsで配達パートナーを始めている、もしくは始める前に気になるのが、どうやったら稼ぐことができるのかどうか?ですよね。

やってみても意外と稼げなかったら嫌だし、先にどんなことを意識すればいいのかを知っておきたい。あなたもそう考えているかもしれません。

そこで今回、このサイト独自に実際に働いている人にアンケートを取ってみました。

その結果見えてきた、Uber Eatsで上手に稼ぐコツをまとめて紹介していきたいと思います!

回答数が多かった以下の5つの項目に分けて紹介していきます!

  1. エリアの選び方
  2. 待機場所の選び方
  3. 配達方法の工夫
  4. 注文や店の選び方
  5. その他の工夫
この記事を読んで欲しい人
  • Uber Eatsを始めようかどうか迷っている人
  • Uber Eatsを始めて効率よく稼ぐ方法を知りたい人
\ 5分で完了!登録はこちらから/ Uber Eats 配達パートナープログラム
ウーバーイーツバイトの情報まとめ
バイトの代わりにUber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐために絶対に知っておきたいことまとめ! 人に使われて働くのが嫌だ 人間関係に悩まず働きたい 自分の好きな時に好きなように働きたい この記事...

稼働エリアの選び方

ウーバーイーツ稼働エリアの選び方

特に重要になってくる稼働エリアの選び方。エリアの選び方によって稼ぎやすさは結構変わっていきます

Uber Eatsで実際に稼いでいる先輩たちはどのような選び方をしているのか、紹介していきたいと思います!

先に全て紹介すると、以下の通りです。それぞれ詳しく説明していきます。

  1. 自分が住み慣れた・土地勘のある地域で配達する
  2. オフィス街は平日稼ぎやすい
  3. 繁華街は配達パートナーが多いので少し離れた場所に行く
  4. 都会はインセンティブが多いのでそこを狙う

①自分が住み慣れた・土地勘のある地域で配達する

エリアの選び方で最も多かったのが「自分が住み慣れた・土地勘のある地域での配達」です。

効率よく稼ごうと思った時に、かなり重要になるのが道を覚えることです。配達の際に何度もスマホを確認するのは非効率ですし、時間の無駄になります。

そこで最も簡単な解決策が普段自分がよく行く、土地勘のある地域で配達することです。ナビを使用しなくても、最短距離を走ることができますし当然効率もアップします。

まずは初心者のうちは、土地勘のある地域から始めるのが鉄則ですね。

②オフィス街は平日が稼ぎやすい

もちろんエリアによって、休日が稼ぎやすい。平日が稼ぎやすいというのは変わってきます。

基本的に慣れていくうちに見わけなければならないのですが、1つの判断基準として「平日はオフィス街が稼ぎやすい」というものがあります。

オフィス街の需要は基本的にサラリーマンがメインですから、休日はあまり注文が入りません。

特に昼間は昼ごはんの注文が多く入る傾向にあり、オフィスに持っていくことが多いので大柄な態度をとる人も少ないです。

平日のオフィス街は狙い目。1つの判断基準として知っておきましょう。

学生が多い地域も昼間の注文が多いという情報もありますよ。

③繁華街は配達パートナーが多いので少し離れた場所に行く

基本的に繁華街は稼ぎやすいということで知られているのですが、ベテラン配達パートナーはあえて少し離れた場所で配達する人もいるそうです。

たしかに繁華街は配達パートナーが多いので、注文の奪い合いのような感じにはなります。

あえて少し離れたライバルの少ない場所で配達してみるのも1つの手かもしれません。

④都会はインセンティブが多いのでそこを狙う

配達パートナーとしてすでに稼働している人には馴染み深い、「インセンティブ」という制度は都会の方が発生しやすい傾向にあります。

まだ配達パートナーとして稼働していない人のために説明しておくと、「インセンティブ」とは簡単にいうと追加報酬のことで以下の3つの種類があります。

ブースト….注文の多い時間帯や場所で報酬を一定の倍率(1.1〜1.4倍)で増額する

クエスト….ある条件を満たした場合に支払われる報酬(8回配達で1000円など)

オンライン時間インセンティブ….アプリをオンラインにしている時間に応じた追加報酬

ウーバーイーツ報酬制度の紹介まとめ
[図解]Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の仕組みをわかりやすく解説!! Uber Eatsの配達パートナーとして稼いでみたい!と思う人は徐々に増えてきています。 時間に縛られず・上下関係に縛られ...

とくにブーストは都会の注文者が多い地域で発生しやすいため、インセンティブ狙いならば都会まで出向くと効率よく稼ぐことができるかもしれません!

配達の待機場所の選び方

ウーバーイーツ待機場所の選び方

Uber Eatsの配達パートナーとして稼働していると、どうしても待機する時間がでてきます。もちろん待機時間はスマホゲームをしようと、本を読もうと、家に帰ろうと自由です。

しかし、どの辺りで待機するかによって注文の入りやすさが異なるので、稼ぎやすさも変わってきます。

そこで実際に配達パートナーとして活躍している人は、どこで待機しているのかを紹介していきます。

先に全て紹介すると、以下の通りです。それぞれ詳しく説明していきます。

  1. マクドナルドの近くで待機
  2. よく注文の入る店の近くで待機
  3. 大型ショッピングモールの中

①マクドナルドの近くで待機

最も多かった回答が、「マクドナルドの近くで待機する」というものでした。

やはりマクドナルドは、どの地域でも注文の入りやすい店のようです。その近くで待機していると、注文が入りやすく効率よく稼ぐことができるはずです。

初心者のうちは、とりあえずマクドナルド付近で待機するとハズレがなさそうですね。

②よく注文の入る店の近くで待機

マクドナルドの近くで待機するのと同じ理論で、よく注文の入る店で待機することで効率よく稼ぐことができます。

よく注文の入る店というのは、やっているうちに感覚でつかめてきます。

感覚以外の判断基準としては、Uber Eatsの注文者用のアプリの評価数でも判断することができます。評価数が多い店は、必然的によく注文の入る店ということになりますからね。

Uber Eatsで注文することはないだろうと思っている人でも、Uber Eatsのアプリは取っておいた方がいいですよ。

Uber Eats のお料理配達
Uber Eats のお料理配達
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

③大型ショッピングモールの中

意外と多かったのが、大型ショッピングモールの中で待機しているという人です。

大型ショッピングモールの中にも店舗はありますし、何より快適。たしかにショッピングモールで待機するのは、体力的にも効率がいいと言えるかもしれません。

近くにショッピングモールがあれば、積極的に利用してみてください。

配達方法の工夫

ウーバーイーツ配達方法の工夫

実際に活躍しているUber Eats配達パートナーは、配達方法もかなり工夫をしています。

アンケート結果を見ると、バイクが稼げる!とか自転車が稼げる!とか単純なことではないそう。

配達方法も効率化する方法は以下の通りです。それぞれ詳しく説明していきます!

  1. 坂道が多いエリアはバイクの方が楽
  2. 路地が多いエリアは自転車の方が稼げる
  3. 慣れないうちは迷わないように大通りを通る

①坂道が多いエリアはバイクの方が楽

坂道が多いエリアは、バイクの方が稼ぎやすいという意見が多数ありました。

たしかに坂道の多いエリアで自転車であれば、体力的にもキツイですし、商品もこぼれやすいですよね。

効率よく稼ぐためには、自転車の場合は平坦の道を選んだ方がいいでしょう。

②路地が多いエリアは自転車の方が稼げる

逆に路地が多いエリアでは、自転車の方が移動がしやすいです。

バイクでは通ることができないような一方通行の狭い路地でも、自転車では進むことができます。

エリアによってバイクか自転車かの判断は分けないといけないようですね。

ウーバーイーツ 原付バイクと自転車
Uber Eats(ウーバーイーツ)自転車とバイク・原付はどっちが有利?~100人に聞いた結果!~ Uber Eatsの配達パートナーに登録しようとした時に、決めなければいけないのが「原付で配達するか自転車で配達するか」です。 ...

③慣れないうちは迷わないように大通りを進む

慣れてないうちはできるだけ大通りを進んで、迷わないように工夫するのが得策です。

大通りを進めばナビもわかりやすいですし、位置情報もずれることが少なくなります、

慣れてきたら積極的に路地を進んだ方が近道になることもありますが、慣れないうちは大通りを進むのが良いでしょう。

\ 5分で完了!登録はこちらから/ Uber Eats 配達パートナープログラム

注文や店の選び方

ウーバーイーツ 注文や店の選び方

Uber Eatsの配達パートナーは、配達依頼を拒否することも可能です。

もちろん全部拒否していたら全く稼ぐことはできませんし、ペナルティで依頼が来なくなることもあります。

しかし、4回に1回程度の拒否ならペナルティの心配はないようなので、注文や店によっては積極的に拒否した方が効率よく稼げることもあります。

そこで実際に配達パートナーとして稼いでいる人が、どのような判断基準で店や注文を選んでいるのかを紹介していきます。

  1. 店まで遠い場合は拒否する(5分〜10分までは許容)
  2. 個人店は暇な時以外は避ける
  3. お寿司の配送は崩れやすいので場合によっては避ける

①店まで遠い場合は拒否する(5分〜10分までは許容)

Uber Eatsの配達パートナーの報酬制度の関係上、待機場所から店までの移動距離は報酬になりません。(店から注文者までの距離は、遠いほど報酬アップ)

なので、待機場所から店までの距離が遠い場合は、「ロングピック」とよばれかなり嫌われます。

ベテラン配達パートナーとしての基準は、5分から10分までなら許容できると言う人が多かったです。しかし中には5分以上かかる場合は拒否すると言う人も。

ロングピックをどの程度で拒否するべきかは、時間帯やエリアにもよって変わってくるようです。

注文が入りにくエリアや時間帯だと、ロングピックも積極的に受けないと稼げないですからね。

そういった感覚は、やってみての慣れで判断がつくようになりますが、基準として多くの人は5分〜10分を許容範囲にしていることを知っておきましょう。

②個人店は暇な時以外は避ける

マクドナルドなどのチェーン店ではない、個人店はできるだけ避けるという人もいました。

その理由としては、個人店は待機場所から店までの距離が遠いことが多く、店についても待たされる場合があるからです。

もちろん全ての個人店がそうとは限りません。しかし、傾向としては待ち時間が長いと感じる人も多くいることは知っておきましょう。

③お寿司の配送は中身が崩れやすいので場合によっては避ける

地域によりますが、大手お寿司チェーン店の「スシロー」もUber Eatsの加盟店です。

しかし、お寿司は中身が崩れやすいので、かなり慎重に配達しなければいけません。

場合によっては拒否した方が結果的に稼げるという意見もあります。

もちろん、注文の少ない時間帯は慎重にでも運んだ方がいいですが、注文の多い時間帯は諦めて他の依頼を待った方がいいかもしれませんね。

その他の工夫

ウーバーイーツその他の工夫

Uber Eatsで効率よく稼ぐにあたって、上記のどの項目にも分けることができない工夫を紹介していきます。

実際に稼働している人にしかわからない、面白い意見も多数出たので紹介していきます!

  1. 稼ぎやすい時間帯を見分ける
  2. みんながやりたがらない日に稼働する
  3. 届け先のマンションを確認してから移動する
  4. twitterでの情報交換を積極的に行う
  5. クエストを優先的にこなす
  6. 川越えや線路越えの道を覚える

①稼ぎやすい時間帯を見分ける

稼ぎやすい時間帯とよく言われているのが、昼頃もしくは夜です。しかし、エリアによって稼げる時間帯というのはかなり変わってきます。

ウーバーイーツの時給換算まとめ
[100人に聞いた]Uber Eats(ウーバーイーツ)の時給換算は何円!?意外な高時給!? Uber Eatsを始めようかどうか迷っている、というあなたが1番気になっているのは、「実際に稼ぐことができるの?」という問題で...

夕方によく注文が入る地域もありますし、午前中によく注文が入る地域もあります。

そのような感覚は実際に働いて見分けていくしかありません。初めのうちは難しいかもしれませんが、慣れてみると徐々にわかってくるようになりますよ。

②みんなが配達したがらない日に稼働する

かなり多くの人がおっしゃっていたのは「みんなが配達したがらない日に稼働する」ということです。

配達したがらない日といえば、「雨の日・暑い日・寒い日・大晦日・ゴールデンウィーク」などなど沢山あります。

あなたが配達したくない日といえば、他の人も配達したくない日でライバルも少ないです。

ライバルが少ないということは、注文も入りやすいですし、インセンティブも多めの傾向。

さらに雨の日や暑い日など、外に出たくない日とかぶるので、注文数もかなり多くなります。

とにかく、他の人がだらけている間に稼ぐのが一番のコツといえるのかも知れません。

③届け先のマンションを確認してから配達する

意外と時間のロスになるのが、届け先のマンションの部屋番号の記入漏れです。もちろん部屋番号がわからなければ、配達が滞ります。

そのため先に届け先の住所を確認して、部屋番号がきちんと記入されているかを確認しましょう。

もし部屋番号の記入漏れがあれば、Uber Driverのアプリから注文者とメッセージのやりとりができるので、早めに尋ねておくと時間のロスがなくて済みますよ!

④twitterで情報交換をする

twitterでの情報交換も、Uber Eatsの配達パートナーとして効率よく稼ぐためにかなり有効です。

twitterではUberの配達パートナー用のアカウントが多数存在して、日々情報交換を行っています。

Uber Eats用のアカウントを1つ作っておくといいですよ。

⑤クエストを優先的にこなす

Uber Eatsの配達の報酬制度には追加報酬として、「インセンティブ」という制度があります。

その中でも「クエスト」と呼ばれる、ある一定の基準を満たすと追加報酬がもらえる制度はかなりお得です。

「雨の日に◯回配達すると◯円の追加報酬」など人によって様々ですが、優先的にこなすことで全体の報酬額を上げることができます。

遊び感覚で楽しくできるので、ぜひ試してみてください。

⑥川越えや線路越えの道を覚える

配達するときにかなり邪魔になるのが川や線路です。橋や踏切がなければ、向こう側に渡ることができません。

効率よく配達するためには、踏切の場所や橋の場所を覚えておくことも重要になってくるかもしれませんね。

\ 5分で完了!登録はこちらから/ Uber Eats 配達パートナープログラム

まとめ

Uber Eatsの配達パートナーは頑張れば頑張るだけ、報酬が上がっていきます。

もちろん初めから全部意識する必要はありません。まずは慣れることを優先にやるのがいいでしょう。

しかし、工夫が自分の稼ぎに直結するので、慣れてきたら積極的に工夫して効率よく稼ぎましょう!

この記事は以上で終わりです。Uber Eatsで稼ぐコツについて知りたい人の役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

全記事一覧
カテゴリー 記事
まとめ 注文者向けまとめ
配達者向けまとめ
始める 配達パートナー登録方法
登録会の内容
仕事内容
時給換算
報酬制度解説
実際の評判
コラム サラリーマンの副業
大学生
女性
恋愛事情
辞め方
エリア別 配達可能エリアまとめ
東京
埼玉
千葉
神奈川
愛知
大阪
京都
兵庫
福岡
稼ぐコツ 稼ぐコツまとめ
自転車vs原付バイク
【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム
【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム