始め方

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事内容・稼働の流れを画像付きでしっかり解説!

この記事の内容
  • Uber Eatsの配達の流れ

2016年に日本に上陸し、急速に拡大しているサービスである「Uber Eats」。

「好きな時に稼ぐ」「好きなだけ稼ぐ」「好きな場所で稼ぐ」そんな自由な稼ぎ方として近年注目を集めているのが、Uber Eatsの配達パートナーです。

知名度は上がってきていますが、具体的にどんな事をするのか知っている人は少ないですよね。

そこでこの記事では、Uber Eatsの実際の稼働の流れについて詳しく解説していきます。

Uber Eatsの配達パートナーの特徴などについては、以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひ見てみてください!

 

ウーバーイーツバイトの情報まとめ
バイトの代わりにUber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐために絶対に知っておきたいことまとめ! 人に使われて働くのが嫌だ 人間関係に悩まず働きたい 自分の好きな時に好きなように働きたい この記事...

 

この記事を読んで欲しい人
  • Uber Eats配達パートナーとして1回目の配達が控えている人
  • Uber Eats配達パートナーに登録しようか迷っている人

この記事はUber Eats歴約1年のベテラン配達パートナーである、ばちゅろど:UberEats配達(川崎)さんに監修していただきました。

Uber Eatsの配達をざっくりと説明

この記事を読んでいる方の中には、まだUber Eatsに登録していなくてあまりよく知らないという人もいるでしょう。

そんな方のためにUber Eatsの配達の流れを詳しく説明していく前に、ものすごくざっくりとした説明をしていきます。

Uber Eatsの配達パートナーがするべきことを、大まかに紹介すると以下の3つです。

  1. 配達依頼が入るまで待機する
  2. 依頼を受けて対象レストランまで料理を取りに行く
  3. 注文者の元に料理を届ける

この3つを繰り返すだけなので、特別なスキルは必要ありません!

ただし、Uber Eats配達用スマートフォンアプリの使い方は、1回目だけ戸惑うかもしれません。

アプリの使い方は後ほど詳しく紹介させていただきます。

動画を見るとイメージが湧きやすいかもしれません。こちらも見てみてください。

Uber Eatsの配達パートナー登録が済んでいない方は、以下の記事を見ながら進めてみてください!

 

ウーバーイーツの始め方を詳しく解説
[画像あり]Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの始め方を詳しく解説 Uber Eatsって稼げるってよく聞くけど、どうやって始めたらいいの?始める前に絶対に持つ疑問ですよね。 Uber Ea...

 

Uber Eatsの配達の流れを詳しく解説

では次はUber Eatsの1回目の配達を控えている人向けに、詳しい配達の流れを紹介していきます!

Uber Eatsの配達の詳しい流れは以下の4つです。それぞれ詳しく説明していきます!

  • STEP1:配達アプリをオンラインモードにする
  • STEP2:配達依頼を受ける
  • STEP3:お店で料理を受け取る
  • STEP4:注文者に配達・料理を渡して完了

STEP1:配達アプリをオンラインモードにする

配達エリア内に到着したら、Uber Eatsのドライバー用アプリを起動。

Uber Eatsの登録会でアプリはインストールしているはずですが、誤って消してしまったという人は以下のリンクから、インストールしてください。

Uber Driver - ドライバー用
Uber Driver – ドライバー用
開発元:Uber Technologies, Inc.
無料
posted withアプリーチ

まずは「出発ボタン」をタップして、配達依頼を受けることができる状態にしましょう

出発ボタンが消え、下部の「オフラインです」が「オンラインです」に変わりました。

これで「配達依頼受け付け中」の状態(=オンライン)になるので、依頼が来るまで待機しましょう!

STEP2:配達依頼を受ける

配達用アプリをオンラインモードにして少しすると、「ピコン!」という通知音と共に以下のような配達依頼画面になります。

赤丸で囲った部分が、配達依頼受付の確定ボタンです。ここをタップすると配達依頼を受けることができます

配達依頼を受けると以下のような画面になります。お店の詳細が分かるので、お店に向かいましょう。

右下の矢印のようなボタンを押すとGoogleマップが開きます。道順を知りたい人は活用してください!

STEP3:お店で料理を受け取る

Googleマップも活用して、無事お店に着いたら料理を受け取らなければいけません。

いざ入店!….の前にお店のルールを確認しておきましょう!

アプリ下部の空白部分をタップすると、お店の詳細事項が表示されます。

上図のようにレストランからの注意事項が書かれていることもあるので、一読しておきましょう。

注意事項を読んだ後は、入店して店員さんに向かって「お疲れ様です!Uber Eatsです!」と伝えましょう。

店員さんの手が空いたら注文番号を聞かれます注文番号は先ほど注意事項を確認した画面に書いてありますので、それを伝えましょう!

注文番号を伝えると料理が渡されるので、一旦店の外に出てUber Eatsのバックに料理を詰め込みます

バックの詰め込み方は、配達パートナーの方それぞれに個性があります。

一例として、この記事を監修していただいた「ばちゅろど」さんの梱包方法は以下の通りです。

Uber Eatsのバックの底に膝掛けを畳んで敷いて衝撃吸収、災害用アルミシートで固定と保温をしているそうです。

ばちゅろどさんの梱包方法は一例で、個人が工夫して色々試しています。

固定をうまくできれば、スピードアップにも繋がるので、色々試してみるといいですね!

STEP4:注文者に配達・料理を渡して完了

料理をバックに詰め込めたら、注文場所まで料理を配達します。

下画像のGoodボタン・Badボタンでレストランの対応の評価をした後に、配達を開始するを右にスワイプしましょう!

すると店舗に料理を受け取りに行くときと同じ画面になります、Googleマップの開き方などの要領も同じ。

注文者からのメモが残されている可能性があるので、先ほどと同様に空白部分をタップして確認しておきましょう!

注文場所に到着したら、呼び鈴を押して料理を手渡します。

  • 注文者がクレジットカード払いの場合は、金銭のやりとりは発生しません。
  • 現金支払いの場合は、現金を受け取りお釣りを渡しましょう。

クレジット払いか、現金払いかの判断は、下図のようにメモを確認した画面で判断できます。

  • 「配達済み」と表示されている場合は、クレジットカード払いなので金銭のやりとりはなし
  • 「現金を受け取る」と表示されている場合は、金銭のやりとりあり

現金受け取りの場合は、お釣りも自分で用意しなければいけません。

現金受け取りNGの設定もすることは可能です。詳しくは以下の記事を御覧ください。

(参考:Uber 現金でのお支払い)

 

料理を渡し終わったら、配達完了です。メモを確認した画面の下部にある「配達済み」を右にスワイプしましょう。

完了後すぐに配達結果が反映され、今回の配達報酬も表示されます。

これで1つの配達の完了となります。お疲れ様でした。Uber Eatsの内容はこれの繰り返し。

一見ややこしそうに見えますが、1回目さえ乗り切ればアプリの使い方はマスターできますよ。

 

ウーバーイーツで稼ぐコツまとめ
Uber Eats(ウーバーイーツ)で上手に稼ぐコツ〜100人にアンケートをとりました!〜 Uber Eatsで配達パートナーを始めている、もしくは始める前に気になるのが、どうやったら稼ぐことができるのかどうか?ですよね...

 

初めての配達の不安を乗り切るコツ

Uber Eatsの配達パートナーを始めるときに、一番不安なのが初めての配達です。何事も初めては緊張するもの。

そこで1回目の配達の不安を乗り切るためのコツを4つ紹介します。

  1. サポートセンターの電話番号を控えておく
  2. 配達パートナーガイドを持っていく
  3. 注文者としてUber Eatsを利用してみる
  4. 開き直る

①サポートセンターの電話番号を控えておく

Uber Eatsの配達パートナー向けに、サポートセンターが設置されています。

何かトラブルがあれば、サポートセンターに電話をすれば指示を仰ぐことができます

もちろん初回配達でトラブルがある可能性は低いとは思いますが、電話番号を知っておくことで安心に繋がります。

サポートセンターの電話番号は以下の通りです。都道府県別に電話番号が異なるので、注意しましょう!

エリア 電話番号
東京 0800-080-4117
神奈川 0800-080-4255
埼玉 0800-080-4117
千葉 0800-080-4117
愛知 0800-123-6931
大阪 0800-080-4270
兵庫 0800-080-4288
京都 080-0170-0024
福岡 0800-080-4153

②配達パートナーガイドを持っていく

Uber Eatsの登録会の際に配布された「配達パートナーガイド」を持っていくと、はじめのうちはかなり便利です。

トラブルの際の対応策も、基本的な稼働の流れも全て書かれていて初めのうちはかなり重宝するはず。

持っておくだけで安心感が違いますので、ぜひ持っておきましょう。

③注文者としてUber Eatsを利用してみる

Uber Eatsの配達パートナー側ではなく、注文者としてUber Eatsを利用してみるのも1つの手です。

受け渡しの際の対応しか見ることができませんが、「こんな感じでいいんだ」という目安になります。

完璧な接客をしている人はあまりいないことが分かるので、自分の中の基準が下がりますよ!

今なら当サイト限定のクーポンで割引価格で利用することができます。詳しくは下の記事を御覧ください。

 

[完全版]Uber Eats(ウーバーイーツ)の使い方をどこよりも詳しく画像付きで解説! フードデリバリーサービスである「Uber Eats」は、近年急速に拡大していますよね。 自分の住んで居る地域が対象範囲らし...

 

④開き直る

最終的には、開き直るというのも重要です。

  • そもそも初めから全てを完璧にできる人はいません。
  • そもそも注文者と配達パートナーに上下関係はありません。

一般人が雇用されずに暇な時間に配達する」というのがUber Eatsのコンセプトですよね。

どのような振る舞いをしようが自由なはずです。

初めての配達の時くらい「失敗しても別にいいや」くらいの気持ちで始めてみてもいいのではないでしょうか?

まとめ

1回目はかなり心理的なハードルが高い配達になるはずです。

しかし初めは「失敗してもいいや」くらいの気持ちでまずはやってみて、お客様にお礼を言われモチベーション上げながら2件、3件とこなしましょう。

そのうちにだんだん楽しくなってきますよ!

この記事は以上で終わりです。始めて配達する人の役に少しでも立てたなら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

全記事一覧
カテゴリー 記事
まとめ 注文者向けまとめ
配達者向けまとめ
始める 配達パートナー登録方法
登録会の内容
仕事内容
時給換算
報酬制度解説
実際の評判
コラム サラリーマンの副業
大学生
女性
恋愛事情
辞め方
エリア別 配達可能エリアまとめ
東京
埼玉
千葉
神奈川
愛知
大阪
京都
兵庫
福岡
稼ぐコツ 稼ぐコツまとめ
自転車vs原付バイク
【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム
【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム