地域別

東京でUber Eats(ウーバーイーツ)を始める前に絶対に知っておきたいポイントまとめ

ウーバーイーツ東京に関する情報まとめ
この記事の内容
  • 東京都のUber Eats配達可能範囲(注文者配達パートナー向け)
  • 東京都のUber Eats配達可能レストラン(注文者向け)
  • 東京都のUber Eatsの送料(注文者向け)
  • 東京都は稼ぐことができるか(配達パートナー向け)
  • 東京都のレンタル車両事情(配達パートナー向け)
  • 東京都のUber Eatsの評判(配達パートナー向け)
  • 東京都で稼ぐコツ(配達パートナー向け)

フードデリバリーサービスとして、最近話題の「Uber Eats」は2016年9月から日本で初めて東京から始まりました。

「注文者は家から出ずに外食が可能」「配達パートナーはお金を稼ぐことができる」「レストランは顧客が増える」と全ての人がwin-winのサービスです。

そこで、東京でUber Eatsを利用する前に知っておくべきことをまとめていきます。
この記事を読んで欲しい人
  • 東京で配達パートナーとして登録しようかどうか迷っている人
  • 東京で配達パートナーとして登録して、稼ぐコツを知りたい人

基本的な情報をまとめたのが下の表になります。では詳しく説明していきます!

配達エリア 23区全域

西東京の一部エリア

営業時間 8:00〜25:00
配達手数料 260円〜570円(変動制)

東京のUber Eats配達可能範囲

東京でUber Eatsを利用したいんだけど、東京だったらどこでも配達できるの?
実は今のところ、東京の中でも配達エリア外はあるんだ。東京の配達エリアについて紹介していくね!

2019年現在はまだ東京全域が配送地域となっているわけではありません。東京のUber Eatsの配達エリアは、23区全域と西東京エリアのみになっています。

しかし、初めは23区の中心部のみだったので増加傾向。これからはもっと拡大していくことが予想されます。

このエリア内でしか配送作業はできませんが、このエリアに住んでいない人でも配達パートナーには登録可能です。

[東京23区]

  • 足立区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 江戸川区
  • 大田区
  • 葛飾区
  • 帰宅
  • 江東区
  • 品川区
  • 渋谷区
  • 新宿区
  • 杉並区
  • 墨田区
  • 世田谷区
  • 台東区
  • 千代田区
  • 中央区
  • 豊島区
  • 中野区
  • 練馬区
  • 文京区
  • 港区
  • 目黒区

[西東京地区]

  • 三鷹市
  • 武蔵野市
  • 調布市
  • 狛江市
  • 西東京市
  • 東久留米市
  • 小金井市
  • 府中市
  • 町田市
  • 八王子市
  • 国分寺市
  • 国立市
  • 立川市
  • 小平市
  • 東村山市
  • 日野市
  • 東大和市
  • 昭島市
  • 羽村市
  • 福生市
  • 東村山市
  • 武蔵村山市

対象エリアかどうかを判断するのは公式アプリにアクセスしてみて、住所を入れてみるのが一番確実です。詳しくは下の記事で詳しく解説しています。

 

ウーバーイーツのエリア範囲まとめ
[最新情報エリア一覧]Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達・注文可能地域を一挙公開! Uber Eatsで注文してみたい!稼いでみたい!と思った際に、前提条件となるのが自分の住んでいるエリアが対象地域なのかどうかで...

 

Uber Eats公式アプリから確認 Uber Eats フード注文

東京でのUber Eats注文者向け情報まとめ

Uber Eatsを使って注文したいんだけど、送料とか対象レストランとか教えて欲しいな!
じゃあ配達パートナー向けの情報をまとめる前に、注文者向けの情報をまとめていくね!

Uber Eatsは注文者配達パートナーで成り立っています。

この記事を見ている人には注文者配達パートナー志望の人のどちらかでしょう。

なので配達パートナー向けの情報を紹介する前に、注文者向けの情報をまとめていきます!

  1. Uber Eats東京の対象レストラン情報
  2. Uber Eats東京の送料
  3. Uber Eats東京の配達にかかる時間

①Uber Eats対象レストランは東京で1000以上

Uber Eats対象レストランは東京では1000以上の店舗があります。なので全てここで紹介することは不可能です。

注文場所から近い店舗を全て見るには、Uber Eats公式アプリで、住所を入れてみるのが一番手っ取り早いでしょう。

Uber Eats公式アプリから探すUber Eats フード注文

 

全て紹介することは残念ながらできませんが、一部の店舗のみ紹介していきます!

  • 糖水堂(タピオカ)
  • マクドナルド
  • ケンタッキー
  • モスバーガー
  • 銀だこ(たこ焼き)
  • はなまるうどん
  • たれで食べる唐揚げの店 太陽庵
  • 新宿 焼肉 ブルズ
  • 大戸屋 ごはん処(日本料理)
  • 宇奈とと(うなぎ屋)
  • KUISHINBO(ステーキ)
  • バインセオサイゴン(ベトナム)
  • 板前寿司
  • スパゲッティーのパンチョ
  • 33トッポギ チーズハッドック(韓国料理)
  • 大阪王将
  • 牛タン圭介(焼肉)
  • 肉あんかけチャーハン 炒王(中華料理)
  • 上等カレー
  • 吉野家
  • スターバックス
  • もんなんかむじゃ(韓国料理)
  • ターリー屋(インド料理)
  • ゴーゴカレー

一部店舗のみしか紹介できていませんが、これだけ見ても様々な種類の料理が対象になっていることがわかります。

軽食からガッツリ系までなんでも揃っています。是非試してみてください!

②東京のUber Eats送料は260円〜570円

Uber Eatsの配達手数料は固定ではなく変動します。東京では260円から570円の間です。

配達手数料を決定する要因としては「注文場所から店までの距離」「配達パートナーの稼働状況」「天候」などがあります。

配達手数料がいくらなのか知るためには、Uber Eatsのアプリで住所を入力すると出る以下の画面で店名の右下をみてください。

店ごとに配達手数料が異なったりもするので、安い店舗から選んでみてもいいかもしれませんね。

Uber Eats公式アプリで確認 Uber Eats フード注文

③Uber Eatsの配達にかかる時間は10分〜1時間

Uber Eatsの配達にかかる時間は、もちろんいろいろな条件によって異なります。

「店の混雑具合」「店から注文場所への距離」「天候」などで左右されます。

配達にかかる時間の目安は、Uber Eatsアプリの以下の画面で店名の左下に書いています。参考にしてみてください。

Uber Eats公式アプリから注文 Uber Eats フード注文

 

[完全版]Uber Eats(ウーバーイーツ)の使い方をどこよりも詳しく画像付きで解説! フードデリバリーサービスである「Uber Eats」は、近年急速に拡大していますよね。 自分の住んで居る地域が対象範囲らし...

 

東京で配達パートナーとして登録するまでの流れ

僕は配達パートナーとしてガンガン稼いで行きたいんだけど、登録ってどうすればいいの?
配達パートナーの登録はすごく簡単!じゃあ紹介していくよ!

実際にUber Eatsの配達パートナーとして稼ぐ前には登録が必要です。登録方法自体はかなり簡単で難しいこともありません。一通りの流れを紹介していきます!

  1. Webサイトでアカウント登録し、必要な書類をアップロードする(約5分)
  2. パートナーセンターで簡単な説明を聞いてバックを受け取る(約30分)

①webサイトでアカウント登録・必要な書類をアップロードする

まずはwebサイトでアカウント登録を行い必要な書類をアップロードをします。

まずwebサイトでアカウント登録で、必要情報(メールアドレス・名前・電話番号・希望パスワード・住んでる地域)を登録し、必要書類をアップロードします。

ここで必要書類は配送方法によって異なりますが、自転車での配送の場合はプロフィール写真と身分証明書のみです。

②パートナーセンターで簡単な説明を聞いてバックを受け取る

web登録と必要書類のアップロードが済んだ後は、Uber Eatsパートナーセンターで簡単な説明を受けなければなりません。

説明自体は20分程度で終わり、その後にUber Eatsのカバンを貰ってすべて終了です。予約は不要で、営業時間であればいつ行っても大丈夫です。

東京のパートナーセンターは3つもあるので、気分が乗った時にいけますね。

カバンさえ貰えばいつでも働ける準備は整います。

  • 住所:東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル1F
  • 営業時間:月〜日(祝日含む)12:00〜19:00
  • 最寄駅:大門駅より徒歩4分

  • 住所:東京都千代田区神田須田町2-1-1 ザ・パークレックス神田須田町 4F
  • 営業時間:月〜日(祝日含む)12:00〜19:00
  • 最寄駅:秋葉原駅より徒歩5分、神田駅より徒歩5分、淡路町駅より徒歩4分、岩本町駅より徒歩4分

  • 住所:東京都新宿区西新宿7-9-16 西新宿メトロビル 3F
  • 営業時間:月〜土(祝日含む)12:00〜19:00
  • 最寄駅:新宿駅より徒歩7分

大門駅のパートナーセンター以外は駐輪場がないので、公共交通機関を利用するか、徒歩で来社しましょう!

 

更に詳しい内容を知りたい人は以下の記事を参考にしてみてください!

 

ウーバーイーツの始め方を詳しく解説
[画像あり]Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの始め方を詳しく解説 Uber Eatsって稼げるってよく聞くけど、どうやって始めたらいいの?始める前に絶対に持つ疑問ですよね。 Uber Ea...

 

5分で完了!登録はこちらからUber Eats 配達パートナープログラム

 

東京のUber Eats車両レンタルの情報

配送エリア外からちょっと遠かったよ、電車で通おうと思うんだけど配送の車両ってどうしたらいいの?
自分の車両で配送地域まで行けない人は、車両レンタルをしなくちゃいけないんだ。東京の車両レンタル事情を紹介するよ!

対象エリアまで比較的近くバイクや自転車で配達エリアまで移動できる人は、もちろん自分の配達用車両を使うことができます。

しかし対象エリアから離れた地域に住んでいる人は、電車で対象エリアまで行って車両レンタルをしなければいけません。

東京のUber Eatsと提携している車両レンタルの会社は以下の3つです。

バイク 帝都産業:16,000円/月
電動自転車 ヤマハ YPJ:10800円/月

帝都産業:10800円/月

COGICOGIリース:4000円/月

ドコモ・バイクシェア:4000円/月

帝都産業とヤマハYPJとCOGICOGIリースに関しては、車両を自宅に送り届けてくれるので、結局配達地域から遠い人は意味がありません。

なので東京で車両レンタルをする際は、シェア自転車である「ドコモ・バイクシェア」が最も適しています

乗りたいときに借りて、行きたい場所で返せるシェアサイクルはuber eatsの配達にかなり便利。

(参考:ドコモ・バイクシェアホームページ)

気分によって働く場所を変えることもできるので、飽きにくいのも良いですね。

自宅から自分の車両で通えるという人でも、利用してみても面白いかも!

車両レンタルの申し込みは、Uber Eatsのパートナーセンターでの登録会の際に詳しく説明があります。Uber Eats配達パートナー登録前に申し込む必要はありません。

もうすでにパートナーセンターでの登録が済んでしまっていると言う人は、こちらから車両レンタルを申し込み頂けます。東京での車両レンタル-Uber Eats

東京での配達パートナーは稼げるか考察

車両レンタルにもお金がかかるんだね。そもそも東京で配達したら稼げるの?
確かに稼げるかどうかって一番気になることだよね!じゃあ稼げるかどうかについて解説していくよ!

まだ配達パートナーを始めていない人が一番気になることは、「東京での配達パートナーは稼げるか?」という疑問ですよね。

Uber Eatsは時給制ではなく出来高制なので稼げるのかどうかはかなり重要です。詳しくは下の記事で解説しています。

 

ウーバーイーツ報酬制度の紹介まとめ
[図解]Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の仕組みをわかりやすく解説!! Uber Eatsの配達パートナーとして稼いでみたい!と思う人は徐々に増えてきています。 時間に縛られず・上下関係に縛られ...

 

結論から言うと東京での配達パートナーは、日本で一番稼ぎやすい地域と言われています。その理由は以下の3つです。それぞれ詳しく説明していきます!

  1. 一番早くからエリア対象になったので利用者が多い
  2. 店舗数が多いので近くに必ず対象店舗がある
  3. かなり人口が密集しているので配達回数を稼げる

①一番早くからエリア対象になったので利用者が多い

やはり新しいサービスというものは、世間に浸透するまでに時間がかかります。サービス開始直後だと利用者が少なく、あまり稼げないこともあります。

しかし、東京は2016年9月から全国で1番初めに対象エリアになりました。2番目にエリア対象になった神奈川県は2017年10月からなので、1年以上差があることがわかります。

そのため利用者数は全国的に見ても段違いに多く、その分稼ぎやすくなっています。

②店舗数が多いので近くに必ず店舗がある

東京のUber Eats対象店舗総数は、公式発表はありませんが3000を超えていると言われています。やはり、サービス開始が早かったと言うことで対象店舗数もかなり多いです。

対象店舗が多いということは、待機場所から対象店舗への移動時間が短くなるというメリットがあります。

待機場所から対象店舗までの移動は報酬が発生しないので、短い方が有利になります。

配達完了後の近くに対象店舗がある場合が多く、無駄な移動を費やす必要がありません。効率良く稼ぐことができる要因となるでしょう。

③かなり人口が密集しているので配達回数を稼ぐことができる

東京都は全国の中で人口密度のランキングとしては第1位です。(2018年10月のデータ参照:全国の都道府県人口・面積・人口密度ランキング)

人口密度が多いということは、短い移動距離で配送回数を稼ぐことができると考えることができます。

配送回数を稼ぐことで、受取料金と受渡料金の報酬を多く稼ぐことができるので、効率よく稼ぐことにつながります。

 

ウーバーイーツ報酬制度の紹介まとめ
[図解]Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の仕組みをわかりやすく解説!! Uber Eatsの配達パートナーとして稼いでみたい!と思う人は徐々に増えてきています。 時間に縛られず・上下関係に縛られ...

 

利用者・対象レストラン・人口密度どれを取っても稼げる要素は揃っています!東京は稼ぎやすい地域といえるので是非やってみるといいでしょう!
5分で完了!登録はこちらから Uber Eats 配達パートナープログラム

実際に東京で配達パートナーをやっている人の評判

1人だけの意見じゃ信用できないよ!他の人はどう思っているのかも知りたい!
確かにそうだよね!じゃあ実際に東京で配達パートナーで稼いでいる人の評判を見てみようか!

稼ぐことができるのかどうかは、配達パートナーを始めようと考えている人が最も気になる項目の1つでしょう。

そこでさらに深掘りして、以下の2つで実際に東京で配達パートナーとして稼ぐ人の評判を見ていきたいと思います。

  1. twitter上の配達パートナーのつぶやき
  2. 独自に行ったアンケートの結果
報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります。

 

ウーバーイーツの評判まとめ
Uber Eats(ウーバーイーツ)の評判は?配達パートナー100人にアンケートを取ってみました! Uber Eatsでの配達を始めようか迷っている時に1番気になるのが、実際に配達している人の評判ですよね。 もちろん始める...

 

①東京で配達パートナーとして活躍する人のつぶやき

やはり東京は一番稼ぎやすいと言われるだけあって、かなり稼いでいる人は多いですね。

1日で2万円以上稼いでいる人もいます。もちろん道を覚えてしまっているのも、大きく稼ぐことができている要因の1つですね。

初心者の方でも雨の日のみんなが嫌がる日にやれば、時給換算で2000円は超えることもあるようです。

東京に住んでいる人はかなりイージーモードなので、初心者でも稼ぎやすくてオススメです。

東京は他の地域よりもインセンティブがつきやすい傾向にあります。注文者が多い分配達パートナーを増やすために調整しているのでしょう。

②独自に行ったアンケートの結果

当サイトはこの記事を作成するにあたって、実際にUber Eats配達パートナーとして活躍する100人にアンケートを行いました。

配達パートナーのアカウントのみを対象として行ったので、かなり信頼性は高いと思います。

このアンケートの結果を、時間帯別にまとめたものが以下の通りです。

時間帯 平均時給換算 参考:最低賃金(2019現在)
平日昼 1125円/時 985円/時
平日夜 1062円/時
休日昼 1300円/時
休日夜 1214円/時

この結果をみると、最低賃金よりは明らかに稼げていることがわかります。

もしかしたら、「思ったよりも稼げないんだな。」というように感じた人もいるかもしれません。

しかしUber Eatsの最大の魅力は稼ぎやすさではなく、「好きなときに好きなだけ、上下関係に縛られない稼ぎ方」です。

好きなときに好きなだけ稼ぐことができるUber Eatsの配達パートナー是非試してみてください。

 

ウーバーイーツの時給換算まとめ
[100人に聞いた]Uber Eats(ウーバーイーツ)の時給換算は何円!?意外な高時給!? Uber Eatsを始めようかどうか迷っている、というあなたが1番気になっているのは、「実際に稼ぐことができるの?」という問題で...

 

5分で完了!登録はこちらから Uber Eats 配達パートナープログラム

東京での稼ぎ方のコツ

登録も完了したから、配送頑張るぞ!たくさん稼ぎたいんだけど、コツとかあったら教えて欲しいな。
じゃあ東京の配達パートナーとして効率よく稼ぐコツを紹介するね!

もちろんUber Eatsで稼ぐために一番大事なことは「慣れ」です。しかしやはり慣れる前にも、できるだけ効率よく稼ぎたいですよね。

そこでUber Eats東京で稼ぐためのコツを紹介していきます!

  1. 基本的にどのエリアでも満遍なく稼ぎやすい
  2. 港区・新宿区は特に稼ぎやすい
  3. 江頭区での配達は自転車よりもバイクがオススメ
  4. 中央区なら平日の方が稼ぎやすい
  5. 板橋区の夜はロングピックが多いので原付がオススメ

Uber Eats全体での稼ぎ方のコツについては、以下の記事で紹介しています。こちらもぜひご覧ください!

 

ウーバーイーツで稼ぐコツまとめ
Uber Eats(ウーバーイーツ)で上手に稼ぐコツ〜100人にアンケートをとりました!〜 Uber Eatsで配達パートナーを始めている、もしくは始める前に気になるのが、どうやったら稼ぐことができるのかどうか?ですよね...

 

①基本的にどのエリアでも満遍なく稼ぎやすい

東京での配達は全国随一と言われるほど稼ぎやすく、基本的にどのエリアで配達をしても注文が入りやすいのが特徴です。

休憩場所もかなり多いのですが、都心で配送する際は自転車やバイクの置き場所に困るのは少し困ります。

配達しているうちに休憩場所は見つけることができるはずです。注意深く探しながら慣れましょう!

②港区・新宿区は特に稼ぎやすい

どのエリアでも稼ぎやすいと言われる東京エリアですが、その中でも特に港区・新宿区はかなり稼ぎやすいと言われています。

利用者がかなり多く、Uber Eatsに慣れている注文者が多いのでトラブルもかなり少ないです。

ブーストと呼ばれるインセンティブもかなりつきやすく、配達の単価が高くなり効率よく稼ぐことができます!

③江頭区での配達はバイクがオススメ

江頭区での配達は長い距離を運ぶことがかなり多くなります。それが理由で自転車で運ぶよりも、バイクで運ぶ方がかなり効率よく稼ぐことができます。

逆に自転車ではかなり体力的に辛くなるので、バイクでの配達が出来ない人は他の地区まで出張する方が無難でしょう。

④中央区なら平日の方が稼ぎやすい

中央区はオフィスが多く、平日の昼間は昼ごはんの配達でかなり稼ぐことができます。

しかし休日の配達は高層マンションが目的地のことが非常に多く、配達に時間がかかり効率的とは言えません。

休日と平日で稼ぎやすさが変わってくるので、配達に慣れながら土地勘を鍛えましょう。

⑤板橋区の夜はロングピックが多いのでバイクが有利

板橋区は夜になると、ロングピックが多いのでバイクの方が有利という情報もあります。

ロングピックとは待機している場所から、料理を受け取りに行くレストランまでの距離が長いことです。

自転車が有利な場所と、原付が有利な場所の見分け方も大事になってきますね。

 

ウーバーイーツ 原付バイクと自転車
Uber Eats(ウーバーイーツ)自転車とバイク・原付はどっちが有利?~100人に聞いた結果!~ Uber Eatsの配達パートナーに登録しようとした時に、決めなければいけないのが「原付で配達するか自転車で配達するか」です。 ...

 

地域別攻略方法の情報提供の依頼

現在東京の攻略情報に関する情報を集めています。以下のフォームからあなたの経験による稼ぐコツを教えてください。

Uber Eats東京に関するアンケート回答フォーム

まとめ

東京でのUber Eats配達パートナーは全国的に見ても1番稼ぎやすいと言われています。

もちろんどれだけ稼げるかは、慣れによる部分も大きいです。しかし、自分の能力次第で稼げるようになってくるので、やりがいはかなりあります。

将来的にまだまだ拡大するであろうUber Eats、ぜひ今のうちから慣れておいてみてください。時間と場所に縛られない自由な働き方を体験してみてください。

5分で完了!登録はこちらからUber Eats 配達パートナープログラム

この記事は以上で終わりです。東京でUber Eatsを始めようかどうか迷った人の役に少しでも立てたなら幸いです。最後まで読んでいただきありがとうございました。

全記事一覧
カテゴリー 記事
まとめ 注文者向けまとめ
配達者向けまとめ
始める 配達パートナー登録方法
登録会の内容
仕事内容
時給換算
報酬制度解説
実際の評判
コラム サラリーマンの副業
大学生
女性
恋愛事情
辞め方
エリア別 配達可能エリアまとめ
東京
埼玉
千葉
神奈川
愛知
大阪
京都
兵庫
福岡
稼ぐコツ 稼ぐコツまとめ
自転車vs原付バイク
【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム
【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム